竜騎士ブラック・マジシャン 発売前予習

2月10日発売の「RARITY COLLECTION -20th ANNIVERSARY EDITION-」に

《竜騎士ブラック・マジシャン》が収録されます。

竜騎士ブラック・マジシャン

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
「ブラック・マジシャン」+ドラゴン族モンスター
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ブラック・マジシャン」として扱う。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの魔法・罠カードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

ブラック・マジシャンの融合体であり、魔法罠を守るこのカード。

同じく妨害効果を持つブラック・パラディン 超魔導剣士-ブラック・パラディン
高火力の呪符竜 呪符竜
DM8では強いブラック・フレア・ナイト 黒炎の騎士-ブラック・フレア・ナイト-

といった他の融合体と比べても
ブラック・マジシャンと直接のシナジーがある点で一線を画しています。

ただ、現状ではティマイオスの眼 ティマイオスの眼 自体採用を見送られることが多い中で

果たしてこのカードは実践レベルで採用できるのか。

思いつくことをつらつら述べていきます。
もちろん発売前につき AIR PLAY ですが。

ブラック・マジシャンとして扱う

竜騎士の(1)効果は

  • 永遠の魂 永遠の魂の(2)により相手の効果を受けない
  • 黒の魔導陣 ブラック・マジシャンをトリガーとするカードの発動ができる

といった恩恵を与えてくれるもの。

特に竜騎士と永遠の魂の並びは、互いに除去から守ることができるため
非常に強固な布陣になります。

蘇生もできるけど。。。

奇跡の復活

竜騎士の(1)効果は墓地でも適用されますが、その実用性には疑問が残ります。

というのも、永遠の魂(1)効果の発動にチェーンしての

サイクロン サイクロン やうさぎ 幽鬼うさぎ に無力なため。

竜騎士の効果は直接アドが取れるものではなく
一瞬でも場を離れてしまうと脆いので

融合召喚したら最後まで場に残すつもりでプレイするのがよさそうです。

短期決戦を心がける

そもそも本来初動はナビゲート マジシャンズ・ナビゲート から入るのがセオリーで
エクシーズできる状況であれば融合がなくとも充分戦えるため

永遠の魂から入らざるを得ないような手札が優れない場面でも
展開できることこそが融合の特長と言えるかと思います。

しかし、エクストラモンスターゾーンに竜騎士を置いた場合

リンクやエクシーズでブラック・マジシャンを墓地へ送るという常套手段が使えず
悠長にしていると逆に永遠の魂が停滞してしまいます。

※もちろん、ロッド マジシャンズ・ロッド が墓地にあれば無用な心配ですが

よって墓地が枯渇する前に終わらせるためにも
竜騎士召喚ターンに3000の直接攻撃、
次のターンでさらに5500と速いクロックが求められます。

構築の際には、ただティマイオスを刺すだけではなく
このように速度を意識した調整が必要かもしれません。

特化構築案

龍の鏡 星杯竜イムドゥーク

ティマイオス以外の召喚方法として《龍の鏡》は採用したいですが
そこまでしても 竜騎士ブラック・マジシャン 黒の魔導陣 永遠の魂 を揃えるのは容易ではありません。

また、他の専用カードは入れても事故率ばかりが上がってしまうため
残りの枠はドロソを多めに積んでキーカードを引き込む構築が無難でしょうか。

《トーチ・ゴーレム》なら

  • 魔導陣があれば予めトップを見てからトロイメアでドロー(欲しいものがなければユニコーンでシャッフルしてドロー)
  • アカシックで永遠の魂を落とせていたらグリフォンでセット
  • 手札のブラック・マジシャン特殊召喚

と色々噛み合っていますね。

トーチ・ゴーレム
アカシック・マジシャン
リンクリボー ファイアウォール・ドラゴン トークン
アカシック・マジシャン
ファイアウォール・ドラゴン トロイメア・ケルベロス
ブラック・マジシャン ファイアウォール・ドラゴン トロイメア・グリフォン
竜騎士ブラック・マジシャン
ファイアウォール・ドラゴン トロイメア・グリフォン

竜魔導の守護者で強化はあるか

竜魔導の守護者

次号Vジャンプの付録に期待しつつ気長に構築を練っていきましょう。

適切な強化であることを願うのみです。。。

以上

シェアする