ブラック・マジシャン限定大会 @ TCG Bar レポート

御徒町の TCG / BOARD GAME Cafe & Bar FUN にて行われた限定大会の話。

このイベントでは下記のとおり特殊ルールが設定されており

  1. ブラック・マジシャン関連のカードをデッキに15枚以上採用
  2. 禁止令でブラック・マジシャンを宣言出来ない
  3. 永遠の魂に「このカードは相手の効果を受けない」効果を追加
  4. トラップ・イーターで永遠の魂をコストに出来ない

…んん????

どうやら企画の趣旨に沿って「ブラックマジシャンいっぱい並べてちょ」ってことらしい。

かくして、最強えんたまを交えてのブラックマジシャン好きオフ会が開催されたのでした。

参加にあたって

参加するからには優勝以外ありえないので、ガチでミラーマッチで勝つための想定を行いました。ファンイベントだから空気を読むとかそういうのは一切なし。

また、割れない永遠の魂を活かす方法、無力化する方法も模索しました。

はじめはだいぶ尖った構築にしていましたが、あまり特殊ルールに囚われずセオリーどおり陣ナビで回した方が強いという結論になり方針変更。

そんなわけで普段の構築からメイン9枚、エクストラ8枚を組み替えたのがこちらです。

(画像元:けいてぃ @katie_tcg さん)

以下、レポと構築についてです。

1回戦 フォーチュンレディブラックマジシャン

〇〇

先攻
相手のチキンレースを忘れまくって翻弄される。永遠の魂で粘りながらグラディエールでロッド吸って混沌の戦士に宣告打って勝ち。

後攻
ロッドにヴェーラーだか泡影だか投げてお互い膠着から先に動いて勝ち。

2回戦 ブラックマジシャン

〇×〇

後攻
ナビゲートに指名者投げてペース握って勝ち。

後攻
初動の陣ナビを返せず負け。

先攻
イリュージョンマジックに指名者投げて、トップ勝負で無事ブラックマジシャン引けて勝ち。

3回戦 融合入りブラックマジシャン

〇〇

先攻
トラトリからナビゲートに繋げたかったが、先に動かれそうだったので砂塵を選択。相手が停止したところで魔導とトマホークでアド取り返して勝ち。

後攻
手札強かったので帚に指名者してナビ魂で並べてトマホーク通して勝ち。

結果:優勝

Vol.1 ブラックマジシャンいただきました。主催者ならびに対戦相手の皆さまありがとうございました。

メインデッキ

  • ブラック・マジシャン×3
  • 幻想の見習い魔導師×3
  • マジシャンズ・ロッド×3
  • イリュージョン・マジック
  • 黒の魔導陣×3
  • マジシャンズ・ナビゲート×3
  • 永遠の魂×3

土台。陣は減らすつもりだったけど結局3枚必須でした。

  • 魔導書士バテル
  • 黒魔術の継承
  • グリモの魔導書×2
  • ルドラの魔導書×2
  • 成金ゴブリン×3

相手より先に動くためにサーチとドローは多めに採用。魔導はクロウリーを戦術に組み込めるので壺より強いと思います。

  • 抹殺の指名者×3

ミラーマッチ最強カード。

  • 灰流うらら
  • 無限泡影×2

指名要員。素引きはあまりしたくないので、打ちどころの多い2種のみを最低限の枚数だけにしました。

  • トラップトリック×2

砂塵かナビゲート伏せて主導権を握れるパワカ。

  • 砂塵の大嵐×2

トラトリで引けるパワカ。相手の墓地ナビにチェーンして自分のカードを破壊する展開も予想されます。

  • 神の宣告×2

直前まで砂塵3積みか悩んだ枠。墓地ナビに干渉されず帚やエクストラモンスターまで見られるから採用してよかったです。

サイドデッキ

先攻なら成金と泡影、後攻なら魔導と継承から削って4~7枚の入れ替えを想定しました。なお実戦で使えたのはヴェーラーと帚(指名者宣言)だけです。

  • マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン
  • 闇のデッキ破壊ウイルス×2

先攻用。ナビゲートでイリュージョン出して罠全破壊からランク7まで行く狙い。機会はあったけどオーバーキル気味だったので結局発動せず。

  • 黒・魔・導

先攻で永遠の魂からサーチする用。指名要員として後攻でも投入する可能性はあります。

  • ブラック・マジシャン・ガール
  • 黒・爆・裂・破・魔・導

後攻用。陣ナビを貫通しないといけないので分が悪いですが、それくらいはしないと後攻で捲るのは難しいと思いました。

  • エフェクト・ヴェーラー

後攻用。指名要員として先攻でも投入する可能性はあります。

  • やぶ蛇×2

主に後攻用。黒・魔・導や砂塵で壊滅しないために。相手のツイツイとか見えている場合は先攻でも投入。

  • ハーピィの羽根帚
  • ツインツイスター
  • 墓穴の指名者

指名要員。相手の構築を見ながら適宜投入。

  • 増殖するG×3

ブラックマジシャン偽装の地雷対策。

エクストラデッキ

  • No.76 諧調光師グラディエール

永遠の魂が回り始めてから重要となるエクシーズモンスターの中で選定した1枚。見習いで突破されない墓地メタ。

  • No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク×2
  • トロイメア・ユニコーン
  • トロイメア・フェニックス
  • セキュリティ・ドラゴン×2
  • リプロドクス
  • リンク・スパイダー

トマホーク2周分。リプロドクスはルドラの餌をつくりつつアストラムに繋がるカードですが、ルドラにトークンは使用できないので注意。

  • トロイメア・グリフォン

トマホーク展開その1。砂塵や指名者を拾えば大体勝てます。

  • 双穹の騎士アストラム×2

トマホーク展開その2。見習いや陣に耐性を持つ点が優秀。やぶ蛇から出すと効果の大半を失いただの脳筋になります。

  • ヴァレルロード・ドラゴン

アストラム対策。

  • 魔導原典クロウリー

場の魔法使いを手札に変換する人。

  • 異星の最終戦士

やぶの蛇。不用意に帚とか打つとゲームが終了します。

次回に向けて

候補に挙がったが採用を見送ったカードたち。また機会があれば練り直したいです。

  • 闇黒の魔王ディアボロス
    ロッド等をトリガーに出せる対象耐性持ち。やぶ蛇で出してもいいかもしれない。
  • ダイナレスラー・パンクラトプス
    一見刺さってそうで、よくよく考えると強く出せる場面は少ない。
  • 混沌の黒魔術師
    相手のブラックマジシャンを除外できたり使いどころはありそう。
  • 師弟の絆
    黒・爆・裂・破・魔・導の採用理由が後攻の捲りであることから通常魔法では遅い。
  • 拮抗勝負
    今にして思えばサイドに入れておくべきだった。
  • 融合準備
    トラトリで置くと同一ターンにナビゲート使えないのとエクストラ圧迫が課題。
  • ギャクタン
    ナビゲートを墓地に残さず処理できるけど汎用性では砂塵や宣告が上。
  • ファイナル・ギアス
    ブラックマジシャンで相打ちして墓地を焼く。レジェコレ未収録で持っていなかった。
  • No.89 電脳獣ディアブロシス
    戦闘破壊を介さないといけないためグラディエールを優先。
  • 剛鬼ザ・ジャイアント・オーガ
    見習いも陣も受けない蛇。アストラムと入れ替えてもよかった。
  • 混沌の戦士 カオス・ソルジャー
    刺さらなくはないが特別刺さるわけでもない。デメリットの少なさよりメリットの多さを重視したら自然と抜けていったカード。

以上

シェアする